大阪府大阪市生野区の外壁塗装、鉄部塗装、防水工事、屋根塗装、防塵塗装、波板張り替え、雨漏り補修即対応、塗り替えリフォームのプロ山本塗装工業です。

今年も残す所、あと10日ほどになりましたが、年末まで残ってる工事もキッチリおさめて良い年明けにできるように頑張っております。

今日は先日施工しました、立体駐車場塗装の紹介をしたいと思います。 下地処理と塗装とで二回に分けて紹介したいと思います。

まず下地処理ですが、今回は錆びが酷く通常よりもしっかり下地処理をいたしました。

まず現状の全景です


錆の酷い所です。



しっかりバリや錆びを落とします。

その後、通常は錆び止め塗料を塗装していくのですが、今回のような酷い錆びの部分には、弊社では専用の下地処理材のハイポンサビスタというのを塗布します。


2液性の材料でプロ用の物になります。

一般塗装業者でも、錆びの酷い部分でも、こういった材料を使わずに通常の錆び止め塗料を一度塗るだけの下地処理でそのまま上塗りなんていうのはザラにあります。 金額や単価が安すぎると業者もそういった手抜きをするのかもしれません。 こういった下地処理をせずとも施工後すぐではお客様の目線では綺麗になったと思われるかもしれませんが、またすぐに錆びてきたり不具合がおきやすいです。

錆びが酷い部分にハイポンサビスタを塗布 見た目は透明の液体ですが固まるとボンドのような塗膜になり、錆びを元から止めます。


ピカッと光ってる所です。


この下地処理が大切なのです。

この後は通常の鉄部の塗装の工程と同じく、錆び止めを塗り、上塗りです。

次回また、全体の仕上がり写真と、ともに紹介したいと思います。

LINEで送る