大阪府大阪市生野区の外壁塗装、鉄部塗装、防水工事、屋根塗装、防塵塗装、波板張り替え、雨漏り修理補修即対応、塗り替えリフォームのプロ山本塗装工業です。




弊社に、問い合わせが多く、今までも何度か紹介してる工事ですが、今日は防塵塗装の施工の紹介です。




防塵塗装とは、倉庫や工場のコンクリートの床の上を塗装し、コンクリートからでる埃などを防止し、コンクリートの表面保護します。




油や薬品を使うような工場、車両が出入りするような倉庫など、使用目的や現状の状態に応じて材料を選定し施工します。 材料の種類は多種あり、水性の材料で回りの環境に配慮されたものもあります。




弊社では、お問い合わせを頂いて現地調査をさせて頂き、お客様に応じた施工方法をご提案しております。




今回は倉庫貸しされているオーナーさんからの依頼の工事の施工紹介をいたします。




現状 工事前








以前は塗装せずにコンクリート素地のまま使用されていたようです。




まず床の突起物や汚れを清掃します。 今回は床にインクが飛び固まっていましたが、除去し適切に下地処理しました。








床のゴミなどの清掃が完了すると、下塗りのシーラーと呼ばれるものを塗っていきます。 シーラーを塗らないと塗装しても上塗りがポロポロめくれたり、剥がれたりの原因になります。 見た目は半透明で写真では分かりづらいかもしれませんが、弊社では必要に応じてシーラーを2回塗ったりもしますし、それぐらい手を抜けない作業です。 ホームセンターで買った材料で素人さんが施工するのと違い、この辺の作業にプロの仕事がわかると思います。








シーラーを、よく乾燥させて仕上げの塗装をします。 通常、中塗り上塗りと最低2回は塗ります。












工事完了 施工後








今回は色をグレーにしたので、汚れていたコンクリートが、新しくなったようなイメージになり、お客様にも大変喜んで頂けました。




予算、目的などをご相談させていただき、最適な施工方法をご提案できればと思っております。




お客様の目線で提案し丁寧な仕事でみな笑顔に!




お気軽にお問い合わせください。

LINEで送る