大阪府大阪市生野区の外壁塗装、鉄部塗装、防水工事、屋根塗装、防塵塗装、波板張り替え、雨漏り補修即対応、塗り替えリフォームのプロ山本塗装工業です。




今日は、お問い合わせの多い、防水工事の紹介をします。




防水工事の中でも、一般住宅のベランダなどに施工さることが多い、ウレタン防水の工事を写真で順番に紹介します。




まずは工事前、現状写真から








掃除をして、まずは下地調整で床のコンクリートなどの悪くなった部分を補修します。 カチオンセメントを全体に塗布します。












下地調整剤のカチオンセメントが乾いたらウレタン防水塗膜を密着させるために、プライマーという下塗りを塗ります。












プライマーが乾いたら、入隅や割れがある箇所をシーリングで補修します。








シーリングが乾いたら、ウレタン防水の防水層になる、ウレタンゴム材料を塗布します。




ウレタンゴム材料の塗布は2回行い、しっかり膜厚をつけます。
















ウレタンゴムが乾けば、塗膜を保護するトップコートを上塗りすれば作業は完了です。
















写真での説明になりましたが、ベランダの形状や、状態によって、提案する防水工事の種類も様々です。




予算や、今後のメンテナンスを考えて、最適な工事を提案させて頂きます。




お気軽にお問い合わせください。




お客様の目線で提案し、丁寧な仕事でみな笑顔に!

LINEで送る