抗菌コーティング

■これからのウイルス対策は、抗菌コーティング

現在主流となっているアルコール消毒や除菌では、個人の管理によって効果が異なるため、ウイルス対策としては限界が出てきます。
そこでお試しいただきたいのが、施設をまるごと抗菌コーティングしてしまう「デオコーキン」というもの。

デオコーキンは銀と光触媒を組み合わせた新しい技術により開発された次世代抗菌材です。
施工に養生は要らず、吹き付けのみで対応可能。
その他、主な特徴は以下の通りです。

 

■デオコーキンの特徴

□銀系酸化チタンにより暗所でも抜群の効果
□壁以外にも家具や電子機器などに塗布できる
□施工は養生がいらず、吹き付けるのみで完了
□特殊清掃の現場にも使われるほどの消臭効果
□効果はおよそ1年持続

 

■例えばこんな場所に

□宿泊施設

抗ウイルス・抗菌コーティングのデオコーキンを施せば、他施設に差を付けられるはず。
お部屋の方も「抗ウイルス・抗菌ルーム」として売り出せば、集客率のUPに繋がります。

□オフィス

企業の採用活動が活発になり、社員の定着率向上も見込めるでしょう。
インフルエンザの防止にも有効なので、お客様だけでなく従業員の満足度UPにも繋がります。

□飲食店

観光地などの飲食店ならではの問題として、国内外の様々な場所からお客様が来られた場合の予防対策というものがあります。
感染リスクの高い飲食店でのそういった対策が、今後の売り上げに大きく関わるはずです。

□教育・公共施設

毎日多くの人が出入りする学校や病院などでは、感染リスクが数十倍に上がるため、クラスターが発生しやすいとされています。
そうした場所での接触感染も予防します。

一覧に戻る

▲TOPへ